• 訪問者!!


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category : スポンサー広告 | Comment | Trackback
2011/11/09(Wed)

【特集①】ライードケビーラ(羊犠牲祭)当日

11月7日月曜日は、ライードケビーラといって、イスラム教の祭りでした。
学校も約10日間の大型連休になります。
親戚がみんな集まってこの日を迎えます。
朝8時にいつもお世話になっている先生の家へおじゃましました。
僕も、ジュラバを着させてもらい、お祈りの広場へ連れて行ってもらいました。
(僕は、イスラム教でないので、広場の片隅でお祈りを見せてもらうことに…)
8時半にお祈りがあり、そのあと、村で大きな羊をつぶす小さな祭りがありました。
スペインの牛追いのような感じでした。
それが終わったら、各家庭で、羊の解体がいっせいに行われました。

僕がおじゃました先生の家では、2匹の羊を解体しました。
1匹を解体するのに、約1時間かかります。

文化の違いを感じ、ぼくは、何度も目をおおってしまいました。

親戚の子どもたちもみんな集まり、時よりけんかがありましたが…楽しそうにしていました。僕も、一緒に遊びました。
晩は、羊のブロシェット(串焼き)をいただきました。
丸一日この先生のお家にお世話になりました。
ありがとうございました。
IMG_5582.jpg
ライードの日に食べる朝ご飯だそうです。歯ごたえは、クスクスのような感じです。
IMG_5583.jpg
IMG_5610.jpg
ジュラバを着させてもらいました。何匹も羊の解体を見て、ちょっと疲れ気味の僕です。
IMG_5601.jpg
IMG_5611.jpg
スポンサーサイト
ホーム | Category : 文化コメント:アイコン Comment2Trackback0

トラックバック: ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント: ▼


  • No Title

    私はちょっと見れそうもないです。

    命を頂いていることを実感する大切な行事なのかと
    思いますが、しばらく食事できなくなりそうです。

    写真に写っている女の子は、
    ピンクがとても似合っていて、とても可愛いですね。

  • No Title

    この期間5,6匹の羊の解体を見ました。
    やはり、毎回、目を覆ってしまいました。
    お呼ばれしたら、毎回羊の料理が続きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。